皆川賢太郎 オフィシャルサイト


© Kentaro Minagawa All Rights Reserved.

PROFILE

プロフィール

皆川 賢太郎2001年、日本人4人目の第一シード入りを果たし、若くして日本のエースとしての地位を確立していたが、ソルトレイクオリンピック後に左膝前十字靱帯断裂の大怪我を負う。長期の戦線離脱を余儀なくされるものの、懸命なリハビリの結果、2004年に競技に復帰した。従来の長いスキー板からカービングスキー(短い板)に一早く切り替えた結果、2004-2005年シーズンW杯第8戦で4年ぶりとなる入賞。さらに2005-2006年シーズンW杯では自己最高となる4位を筆頭に安定した成績を残し、トリノオリンピックでは3位と100分の3秒差の4位に入り、日本人として50年ぶりの入賞を果たした。
しかし、バンクーバーオリンピックに向けスタートを切った矢先に再び試練が立ちはだかる。今度は右膝前十字靱帯を損傷し、再び戦列をはなれた。
適切な治療とリハビリにより、当初の予定より2ヶ月も早く雪上に復帰し、2007-2008年シーズンのW杯全戦に出場した。
バンクーバーオリンピックでは攻めの滑りで挑むも、一本目で途中棄権となる。オリンピック直後、現役続行を表明し、2011-12シーズンより実戦復帰を果たし、2012-13シーズンはFar East Cupで総合優勝を果たす。
2014年3月、アルペンスキーヤーを引退。プロスキーヤーとして全日本スキー技術選手権大会出場を発表、2016年アルペンスキーW杯の実行委員会副委員長に就任するなど、ウィンタースポーツの発展の為に経験を活かしていく。


主な成績

2000-01年
ワールドカップ男子回転 総合 18位 / 世界選手権男子回転 10位
2001-02年
ソルトレイクシティオリンピック男子回転 出場
2004-05年
ワールドカップ男子回転 第8戦 7位入賞
ワールドカップ男子回転 総合 21位
2005-06年
トリノオリンピック男子回転 4位
ワールドカップ男子回転 第5戦 4位入賞
ワールドカップ男子回転 第7戦 6位入賞
ワールドカップ男子回転 第10戦 7位入賞
ワールドカップ男子回転 総合 10位(第一シードに復帰)
2006-07年
ワールドカップ男子回転 第1戦 13位
2008-09年
コンチネンタルカップ(志賀高原)優勝 / 全日本選手権(野沢温泉)優勝
2009-10年
バンクーバーオリンピック男子回転 出場
2011-12年
Far East Cup男子回転 3戦にて優勝
2012-13年
Far East Cup男子回転 年間総合優勝

契約スポンサー